マンションで必要になる水漏れ修理の種類とサイン

トラブルになる前に対策!マンションの水道修理について

このような症状が見られたら水漏れ修理のサイン

蛇口

水漏れが起こると、さまざまな部分で困らされてしまいます。水漏れ修理の目安時期となるサインについて、ご紹介します。

雨漏りサインの一例を見る

蛇口からの水漏れ
蛇口は、主に2種類存在します。シングルレバー混合水栓と、ハンドル式水栓です。それぞれ、水漏れ修理のサインが異なるため特徴を押さえておきましょう。まず、前者の場合は便利さが追求されているゆえに、比較的に複雑な作りとなっています。そのため、少しでも漏れが見られたら修理依頼するべきです。後者については、ハンドルと蛇口のつなぎ目から見られる水漏れ程度であれば、パッキン交換やナットの締めなおしで解消できる場合もあります。ただ、自己修理はそれ自体がさらなる故障にも繋がるため、やはりこちらも極力早めに業者へ修理を依頼するべきです。
床からの水漏れ
キッチンの床から水漏れする場合は、まず排水溝が詰まっている可能性を疑いましょう。市販のクリーナー製品を使用して、解消できる場合があります。しかし、それでも直らないときは、詰まりが激しい場合やパイプそのものが破損しているケースも考えられます。床が長時間も水に濡れている状態は、住宅そのものを傷めることにも繋がります。改善が難しそうに感じられたら、こちらも早めに業者へ水漏れ修理を依頼してください。

水漏れ修理業者からのワンポイントアドバイス

水漏れ修理は早急に行ないましょう(水漏れ修理業者)

水漏れはほとんどの家庭で起こりうる事故であるため、市販の解消・防止グッズなども多数売られています。もちろん、これで直れば修理費用も手間も抑えられて好都合かもしれませんが、あまり頼りすぎるのも禁物です。なぜなら、素人知識で強引に直そうとした場合、状況が悪化してしまうケースも少なくないためです。少しでも改善が難しそうに感じられれば、早急に水漏れ修理業者へ相談することを心がけましょう。困った状況をサポートすべく、柔軟に対応する業者も多いため、心強い存在となります。

マンションの水漏れ被害は深刻化する恐れがある

一戸建て住宅での水漏れも去ることながら、マンションの場合は、より注意が必要です。深刻化する恐れもあるため、気をつけてください。

集合住宅で懸念される水漏れ被害

階上の水漏れによる被害
当然ながら、水は上から下へと流れていきます。そのため、マンションのような集合住宅ではひとつの水漏れが二次被害、三次被害と拡大していく可能性も懸念されます。自宅が問題なくても、階上からの水漏れで損害を受けるケースも十分考えられます。特に、住人が不在時に起きた水漏れは、このような被害を拡大させてしまいます。住人ひとりひとりが、少しでも異常があればすぐに水漏れ修理を検討するよう心がけるべきです。
床下の水漏れにより階下へ被害を与えることも
不在時に水漏れが起こった場合は、知らないうちに階下住宅にも多大な影響を及ぼしてしまいます。天井が濡れるのみならず、ふとんや衣服、家電まで濡らしてしまえば、それこそ重大な被害を与えてしまいます。これにより恐いのが、補償額の支払いです。保険に入っていればまだ安心ですが、それでも一階下、二階下と被害が広がれば、結構な損害に繋がってしまいます。マンションにおける水漏れ修理は、一戸建て以上に重要であると考えておくべきです。

水道トラブルが裁判沙汰へとなることも

マンション水漏れにおいて、お金や謝罪によって解決できればまだ良い方です。話がこじれた場合、裁判沙汰になるケースすらあります。このとき専有スペース・共用スペースの割合や、トラブルの性質、損害の考え方の食い違いから話が噛み合わず、長期化することも少なくありません。とにかくマンションの水漏れは大ごととなりやすいため、定期的な点検や水漏れ修理を欠かさないようにしましょう。

TOPボタン