水漏れ修理で適用できる保険の内容

トラブルになる前に対策!マンションの水道修理について

修繕費用の賠償の行方とは?

マンションの水漏れで気になるのは、やはり賠償金額でしょう。状況別に、目安となる額を見ていきましょう。

水漏れしている給水管の場所によって異なる

マンションの水漏れにおける賠償は、給排水管の位置が重要となってきます。例えば、自宅方向からの水漏れにあたり、下階の住人から責任を問われたとしても、漏れのあった給排水管が自身の専有箇所になければ、賠償の必要はないかもしれません。共用部分である建物側の責任になるほか、さらに別の住人の責任であるかもしれません。素人による判断は難しいため、確実性を求めるなら専門家への相談が理想的です。

修理費が適用される保険の種類を知る

損害賠償の場合
マンションの水漏れに関連する保険は、主にふたつです。まずマンション管理組合側であれば施設賠償責任保険、そして居住者個人なら、個人賠償責任保険となります。いずれも管理組合専用保険の特約として入れるものとなっているため、万が一のことも考えて追加しておくに越したことはありません。単体で加入できる場合もあるようですが、そうなると示談交渉サービスや原因調査費用付帯といったメリットが受けられなくなる可能性も高まります。基本は、管理組合で一括加入する保険が望ましいです。
火災保険
一見して、水漏れ修理やトラブルとは関係ないようにも感じられますが、実は火災保険の支払いとなるケースもあります。加害者側がすぐ損害賠償支払いに応じてくれれば良いですが、そうでない場合、被害者側は修繕に困ることがあります。その場合、自身の火災保険でひとまず修理を進めるといった方法をとることもあるのです。同じ火災保険でも、災害に応じて保証額が異なることもあるため、適用前、さらには契約段階において細部まで目を通して把握しておくべきです。

住民同士のやり取りは第三者を介しましょう

案内

前述でも触れていますが、水漏れトラブルにおいて加害者と被害者双方のみで話し合うことはあまりおすすめできません。どちらも正当性を訴えたいと考えるのが自然であるため、解決に至りにくいためです。管理会社に連絡して担当者を呼び、仲介してもらいながら円滑に進めていく形が理想的です。

TOPボタン